血糖値 高い 対策 どうなる 対処法

血糖値が高いまま対策しないとどうなるか?早めに察知で対処

血糖値が高いままでも・・・
体に異常を感じなければそのままでもいいと思ってませんか?
血糖値の高さと異変は同時進行じゃないほど自覚症状が・・・

 

ないですよ〜〜〜〜〜〜!

 

血糖値が高くても何もしないでいることで手遅れになって”治らない病気”になる!

これは事実上、ありうる現代の生活習慣病の一つなんです!

 

 

 

血糖値が高いまま対策をしないとどうなるのか?

 

 

 

血糖値の高さによって水面下で控えている恐ろしい病気こそ!
糖尿病です。

 

糖尿病の怖さは自覚症状を感じ始めたとここそ・・・
ほぼ手遅れ状態でもあり、すでに治らないレベルでもあるという、
一種の「厄介な病気」ということですね。

 

 

 

 

こんにちは!

 

平助です。
実は40代も後半になってきて人工透析で苦しい治療を6年間、
耐えてきた挙句、突然死による故人になった父を持つ男です。

 

 

父は豪快な人でした。
人付き合いもよく、酒にギャンブル、ゴルフに麻雀と・・・
地域の活動への参加も積極的な人でした。

 

透析治療の果てに亡くなった父の詳細はこちら>>>

 

 

我が家は糖尿病に悩まされる家計のようで・・・
お医者さんからも・・・

 

「あんた気をつけなさいよ!糖尿病は遺伝するよ!」
などと言われています。

 

そこで私も年齢的にも最近の食生活の傍若無人ぶりや、
頭以上に体を動かさなくなった生活習慣から・・・

 

健康診断で言い渡された結果から判断して、血糖値の高さを
これ以上、黙ってみていられなくなったのです。

 

血糖値への対策って、
基本的にダイエットと食事制限ですよね。
簡単で明快だけど・・・

 

なかなかできないのもダイエットと食事制限です。
何しろ、現代社会はストレスの吹き溜まりです。
ストレス解消といえば、手っ取り早く・・・

 

 

 

スマホやタブレットなどでゲームやアプリにはまったり、
パチンコやスロットなどのギャンブルに熱くなったり、
飲んで好きなものをたらふく食べたり、

 

 

ストレス解消のはけ口が体に悪いことばかりです。
ストレスを解消して健康を損なってしまったら本末転倒ですね。

 

 

この矛盾している対策こそ、
なかなか「わかってはいるけど行動できない」原因になるのです。
ならば、どうしたら血糖値を下げられるのか?

 

 

健康診断で血糖値が高め!と診断された場合・・・
運動や食事制限ふが大事です。

 

だけどなかなか現実的に続けて運動や食事制限ができない場合、
何かキッカケになるものが必要ですね。

 

何か血糖値を下げるための指標になるような簡単なことです。
私の場合は・・・

 

 


血糖値対策サプリメントを1日1粒だけ飲んでいます。
しかも病院からもらった薬ではないので、
「血糖値を下げる」ことを目的として目印のような感覚ですね。

 

 

もちろん効かないわけじゃなくて、
機能性表示食品として効果も蓄積されて変化は出ます。
独自成分「ALA」による血糖値の上昇の抑制が期待できます。

 

 

私が飲んでいるALAはアラプラス糖ダウンというまさに、
血糖値を下げることに特化したサプリメントなのです。

 


従来の血糖値対策サプリで考えると難消化性デキストリンの効果でした。
(食物繊維の一種)による小腸での糖分の吸収の抑えができる機能です。

 

 

だけど私が使い始めたアラプラス糖ダウンは違います。

 

 

ALAは違う!
細胞レベルでの「糖代謝」の能力事態を向上してくれるのです。

 

 


従来のサプリは食事と一緒に摂取が必要だったが、
ALAは1日のうち1カプセル飲むことは時間を選びません。
いつでもOKなのです。

 

 

だから・・・
「朝、飲むの忘れた!」
「メシの時間に飲めなかった」
「うっかりしてた今日も終わりになる」
なんて・・・

 

 

今日中であったらいつでもOKなのです。
これが続けられるポイントになる自由度の高さですね。

 

⇒血糖値対策サプリはこちらから